江戸時代で花街が栄えていたときには、引手茶屋を通して花魁を呼び出しを擦る必要があり、呼び出された花魁が花魁のちいは高いものとされており、遊女の使う幼女の禿や禿上がりの若い遊女を従えて遊女屋と揚屋(現代で言う高級遊郭)と引手茶屋(現代で言うと飲食の出来る案内所である)の間を行き来することを滑り道中、花魁道中と呼ばれていました。特に江戸の吉原ではこの花魁道中はド派手だったと言われており、現代では考えられませんが遊女でトップクラスになると格式のある地位を認められて一般的にも非常に尊敬される存在であったのです。庶民には手の届かない位高貴な着物ををまとい、現代で言うところではファッションショーのようなものであったのです。現代の風俗店では呼ばれたお客さんのとこには特別な理由がない限り必ず行かなくてはいけません。ですが、江戸時代の当時の花魁は格式が高かった意味もあり、プライドが非常に高く逆に花魁から断る事もあったようです。誰の元へでも出向いてしまえば誰でも相手をしてくれると思われてしまい、舐められてしまうので格式有りきで考えるとそういった行動もできたのではないかと思います。現代では遊郭の代わりに性風俗店が存在し、遊郭のようなサービスは行なえませんが男性を性的に解消させる方法は変わっていないのです。また風俗店に務める風俗嬢では遊郭の花魁のように格式を与えられておらず、表立って輝いていた花魁のような立ち居振る舞いは現代の風俗嬢には出来ません。むしろ裏の仕事と思われているくらいで、風俗で働いている事自体が下に見られてしまい、格式も地位も何も無いのです。風俗で働いていること自体を隠す事が常識で表立って「風俗で働いています」と言う人もなかなかいないのが現状です。ですが、高級デリヘルの場合は少し違います。高級デリヘルで働ける女性は特別な女性で格式は無いにしても、一般的な女性に比べると外見や内面の能力は高く一般的にも評価される女性であることは間違いないのです。高級デリヘルで働く女性はプライドが高く、一般的なデリヘル店で働く女性を下に見る傾向があります。高級デリヘルでは一般的なデリヘルに比べて利用料金は高く、利用客も富裕層の方ばかりで、利用客からレベルの高い接客やマナーを要求されます。高級デリヘルで働く女性はそういった部分を気にして仕事をこなしていくので、自然と自身に高級デリヘルで働いていることにプライドを持ち始めます。ここが一般的なデリヘル店で働く女性の意識の違いなのではないでしょうか。
渋谷 高級人妻デリヘル ~逢~tokyo

一般的に風俗と聞くと少しグレーな雰囲気を感じてしまう方も多いかと思います。業種上、抵抗感を強く感じてしまう方もおり特に女性からすると嫌悪感を感じる方もいますので、万人に受け入れてもらえる業種ではありま…>>続きを読む

「流儀」と言うと大袈裟かもしれないんですけど、どうすれば渋谷の女の子と仲良くなれるのかや、風俗ではどういった立ち振る舞いが良いのかなどが何となくではあるんですけど分かってきた気がします。ここまで来るの…>>続きを読む

風俗で気持ちを発散させたいのであれば渋谷のソープランドが一番合っていると思いますよ。ソープランドの良いところは今更説明するまでもないと思いますけど、最後ですよね。フィニッシュ直前のムーブメントを思い出…>>続きを読む