横浜といえば、関内や伊勢佐木町といったエリアに風俗文化があります。主にファッションヘルスが多く、一般的な風俗街とは少ししがったイメージがあるでしょう。独特なのは、路面店として大々的に風俗店が看板を連ねているような状況ではなく、一定の区画に風俗店が集まっており、同じビルの中に何店舗もお店があります。それだけであれば良くある風俗街のような状況と似ている部分もありますが、一風変わっているのは、周辺の環境は住宅街になる事です。良くある風俗街の場合、街全体が夜の雰囲気を纏っているか、周りがビジネス/飲食街となっているでしょう。しかし、横浜の場合は割と生活感のある環境が隣り合わせに存在しています。そんなギラギラとしすぎていない街に足を踏み入れると少し落ち着いてブラブラと散歩したりすることもできるので、非現実的な世界というよりも、割とリアルな雰囲気を感じながら風俗を楽しんでしまえることでしょう。そんな横浜で見つけてしまったのがニューハーフヘルスです。都心にいてこの手の風俗店を見かけることは今までなかったので、どんなものだろうかと気になってしまうものです。まぁ、ある程度は覚悟していますが、相手はあくまでも男性というのがポイントでしょう。風俗はベテランユーザーになればなるほど、こだわりのポイントが変わってきます。良く考えがちなのが、女の子と仲良くなってムフフな時間を過ごしたいという下心でしょう。ですが、本質的に性的快楽を追求していくと、実はピンクサロンなどが好まれたりするものです。「性的なサービスを受けたい・気持ちよくイきたい」というそこにフォーカスが当たる訳ですからね。もちろん、その状況でもこだわりが出てきてしまうので、相手の女性の質などを重視してしまうことにはなります。さらにそこから行為のみを追求していくと、相手がどのような雰囲気なのかは二の次になってくると言えるでしょう、とはいえ、さすがに男性で良いというわけではないです。しかし、百歩譲ってニューハーフの方であれば、状況は女性と楽しい時間を過ごしていることと大差はなくなります。これがニューハーフヘルスを楽しむ考え方なのかもしれません。それもなければ、相手は男性というだけで気分の良いものではありませんからね。個人的にはどのような形で楽しむのも自由だと思いますが、そこまでして風俗がりようしたいという気持ちは女性からするとあり得ないくらい理解されない行為になるでしょうね(笑。
横浜のニューハーフヘルス 老舗の風俗店『愛秘』

西船橋から都心に通勤している30代の独身サラリーマンです。大学を卒業してからすぐに家を出たので、もう10年以上賃貸で暮らしています。西船橋の街で住むことを選んだ理由としては、始発駅なので都内までの通勤…>>続きを読む

デリヘル遊びが辞められません。自分の理想を求めて行くと本当にキリがないので、いい加減にこういう遊びは辞めたいと常日頃から考えてはいるのですが、どうにも踏ん切りがつかないのです。自分が好んで今遊んでいる…>>続きを読む

こじんまりとした規模の風俗のお店でしたが、そのぶんお店の中の教育やスタッフさんとお店側の仲も良かったのでいいサービスを受けることが出来たと思います。やはり展開としては風俗であれば女の子がガンガン攻めて…>>続きを読む