川越に働きにやって来て5年。初めは土地に慣れなかったものの、すっかりと川越の色に染まりました。外から見ていると観光地の街と思われがちですが、住んでみると意外と買い物スポットもあるし、美味しい飲食店もあるものです。時々テレビにも取り上げられる街なので、川越の特集がされているとついつい見てしまいます。そんな場所ですが、最近はデリヘル遊びをしています。初めは興味が無かったのですが、飲んで酔っ払った時にふと思ったのです。今まで風俗店で一度も遊んだことが無いから一度はしてみたいと。しかし、そんなに簡単に呼べるほど勇気は思えません。いかに酔っ払っていたとはいっても、どこか自分の中で心を制御している自分がいました。しかし、働きにやってきてから5年。職場は男ばかりで、いる女性は年上の50代パートのおばさんばかり。職場と自宅の往復で一週間があっという間に過ぎ去って行く現状ですので、このままではいけないという気持ちが先走りました。勇気を出して、川越のデリヘル店に電話。ちなみに、全くどこのお店が良いのかもわからずに、雰囲気で選んでしまいました。諸々の手順を電話の向こうのスタッフに聞きながら話はあれよあれよという間に進んでいき、気がつけばホテルとデリヘル嬢の予約が終わっていました。色々と考えてしまうと先に進めない予感がしたので、余計なことは考えずに、川越駅近くのビジネスホテルへ向かいます。こういうのってラブホテルや自宅でなくても良いというのを初めて知りました。ホテルにチェックインして、デリヘル店に電話してからぼんやりと部屋で待っていると、ものの5分でノックの音がしました。恐ろしいほど早い。まるで川越の駅のあたりから自分をつけていたのかと思うほどでした。そして恐る恐るドアを開けると、そこに立っていたのは和装が似合いそうなスラッとした美人。自分にはとても手の届かない高嶺の花でした。ひとまず女性を部屋に招き入れてお金の精算をします。全てが新鮮です。初めてのデリヘルである旨を横に座る彼女に伝えると、少し自信なさそうな声で「わかりました」と言われました。若干重い空気だなあと思ったものの、彼女の方から突然のキス。それも口だけをあわせるものではなく、ディープな方でした。知れない女性といきなりキスをするなんて、デリヘルはなんて罪なのだと思っていましたが、その後のことは良く覚えていません。1つだけ覚えているのが、神秘的な雰囲気を醸し出す彼女の色っぽい声だけでした。デリヘルのサービスを超えるようなことは一応やっていなかったようですが、あまりにも記憶が定かではないので、今度また同じ川越の店で彼女を呼んでみようと思います。
川越風俗デリヘル 川越人妻城

会社から長期の出張を命じられて、熊谷に1ヶ月滞在することになってしまいました。ほぼ軽い単身赴任みたいなものですし、正直、埼玉に全く魅力を感じて居なかったので、出張を命じられる前までは熊谷と聞いても一体…>>続きを読む

自分がデリヘルを利用しはじめた当初は、まだまだ若かったので、会社の稼ぎもそこまでありませんでしたから、せいぜい2ヶ月に1回行く程度でした。デリヘルだけではなく、他のジャンルの風俗にも手を出していたので…>>続きを読む

関連する記事は見当たりません…